メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時松“嵐のV”再現へ2差3位発進 台風で36ホールに短縮された2年前優勝(スポニチ)

[PR]

男子ゴルフツアー ブリヂストン・オープン 第1日(2019年10月10日 千葉県 袖ヶ浦CC袖ヶ浦C=7199ヤード、パー71)

 36ホールに短縮された一昨年の今大会で優勝した時松隆光(26=筑紫ケ丘GC)が、自身初の1ラウンド2イーグルを奪い5アンダーの66。首位の今平周吾(27=フリー)に2打差、3位の好スタートを切った。同じ3位に大阪学院大のアマチュア、砂川公佑(21)がつけ、賞金ランクトップの石川遼(28=CASIO)は、5打差23位発進となった。

     台風の影響による短期決戦を考え「初日から爆発しないと」と宣言していた時松は、1アンダーで迎えたこの日9ホール目の18番パー5。残り30ヤード地点からPWでの第3打がピンを直撃し、カップイン。「強いと思ったけどピンに当たって良かった」と笑顔で今季初のイーグルを振り返った。さらに最終9番のパー5でも2オン1パットのイーグル。「記憶にないですね」というプロ8年目で初の1ラウンド2イーグルで、同組の石川のお株を奪う猛チャージを披露した。

     2週後の米ツアー、ZOZOチャンピオンシップの存在が大きな刺激となっている。今大会3位まで、あるいは賞金ランク7位までが出場資格を得るが、時松は現在同ランク17位。「自分はランクより大会3位までの方が可能性はあると思う」と意欲を燃やす。一昨年の今大会では台風により36ホールに短縮された中で優勝した。今年も週末の悪天候が予想されるが、「明日いかに伸ばせるかが鍵」と2日目に全力投球だ。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

    5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです