メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長友、10年ぶり弾!W杯予選DF最年長「違う長友を見せていきたい」(スポニチ)

[PR]

W杯アジア2次予選 日本6−0モンゴル(2019年10月10日 埼スタ)

 DF長友が国際Aマッチ10年ぶりのゴールを決めた。2—0の前半33分、ゴール前に詰め、伊東の右クロスを右足で合わせた。実に09年10月8日の香港戦以来の代表4点目。過去3点は岡田ジャパン時代で、現代表ではもちろん初。W杯予選のDF最年長ゴールのオマケも付いた。

 この試合が歴代単独3位となる国際Aマッチ120試合目となったベテランは「ゴールの取り方も喜び方も何もかも忘れてました」と照れ笑い。それでも「世界的に見ても良いサイドバックはアシストだけでなく得点を決めている」と強調し「今までクロス一辺倒だったけど、違う長友を見せていきたいと思う」と意気込んだ。W杯4大会連続出場へ33歳はさらに進化を目指す。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです