メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「関西電力の金品授受劇」 あきれた悪代官の被害者面=金平茂紀

 うえっ! これってまるで江戸時代じゃないか。遠い記憶がよみがえってきた。大昔のテレビ時代劇の定番シーン。悪代官と悪徳商人が密談している。

 「越後屋(なぜ、この名前なのかは今でも謎なのだが)、おぬしも悪(わる)よのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」「ぐわははは……」

 商人から悪代官に渡された品物の底には、賄賂の金の小判が入っているのだ。

 1度目の記者会見があまりに無内容だったので、異例の2度目会見が開かれたのは10月2日。関西電力経営…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです