ドアスコープご用心 女性宅のぞき見侵入容疑で逮捕 小物での覆い有効

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドアスコープのぞき対策の例
ドアスコープのぞき対策の例

 福岡市南区のマンションに侵入した疑いで8月、福岡県警に現行犯逮捕された無職の男(40)が、マンション内にある女性宅の玄関ドアののぞき穴(ドアスコープ)から室内をのぞき見していた。ネット上にはドアスコープを使ったのぞきの手口を紹介する動画があふれており、毎日新聞の面会取材に応じた男も「ネットで知った」と打ち明けた。県警や防犯の専門家は、ドアスコープの内側を目隠しするなど自衛と警戒を呼びかける。

 捜査関係者らによると、男は駅近くで見かけた女性に好意を持ち、後を付けてマンションを特定。周辺を数回訪れ、部屋の位置も把握していた。8月29日、女性の部屋のドア前で不審な動きをしているところを110番され、警察官が取り押さえた。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文962文字)

あわせて読みたい

ニュース特集