メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「台風19号接近、警戒を」 気象台呼びかけ あす未明から昼前 /青森

[PR]

 大型で非常に強い台風19号が接近するのに伴い青森地方気象台は11日、「12日夜から13日にかけ、大雨、洪水、暴風、高波のすべての気象現象に警戒が必要」と発表した。県内では13日正午までの24時間に多いところで200~300ミリの雨が予想され、同日未明から昼前にかけてがピークになるとみられる。

     気象台によると、12日夜から13日にかけて陸上では18メートル以上、海上では25メートル以上の暴風となり、下北、三八上北地域の太平洋側の外海を中心にうねりを伴った大しけとなる見通し。台風の進路によっては高潮の恐れもある。また、三八上北地域では南東に斜面が開けた地域で雨量の増加による災害が起きる可能性が高く、注意を呼びかけている。

     台風の接近を受け、県内の鉄道各社は在来線の運休について発表。JR東日本青森支店によると、大湊線は12日午後1時以降、八戸線は同日午後2時以降の運転を見合わせ、13日は両線とも終日運休とする予定。津軽線も12日午後と13日の運転を見合わせる可能性があるとしている。

     また、青い森鉄道も、青森―八戸間と八戸―目時間で、12日午後6時ごろから13日午後3時ごろまでの運行を見合わせる予定。【江沢雄志】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

    5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです