メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 あす未明、岩手最接近 雨量、県史上最大規模か /岩手

[PR]

 盛岡地方気象台は11日、台風19号が非常に強い勢力を保ったまま13日未明から朝にかけて岩手県に最接近し、13日正午までの24時間雨量は多いところで300ミリから400ミリと県観測史上最大規模となる見通しを発表した。3年前に岩泉町で25人が亡くなるなどした台風10号豪雨の際の雨量を上回る恐れが高く、早めの準備や対策を呼び掛けている。

     大雨により土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要なほか、13日は未明から昼にかけて、陸上では非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴った猛烈なしけとなる見込みだ。気象台の担当者は「最大級の警戒が必要。早め早めの避難を考えてほしい」と訴えている。

     鉄道各社も相次いで運休を発表した。JR東日本盛岡支社は花巻―釜石を結ぶ釜石線で12日正午以降の運転を見合わせ、13日も終日運休するとした。東北線の一ノ関―盛岡も12日夕方から運休し、13日も終日運転を取りやめる。その他の路線も、多くが12日午後から運休する。三陸鉄道は13日始発からの終日運転見合わせを決めた。

     13日に釜石市で予定されるラグビー・ワールドカップ(W杯)に、盛岡方面から鉄道を利用して向かうことはできなくなった。盛岡駅や花巻空港などからの直通バスや、パーク&ライド駐車場からのシャトルバスは現時点では運行の予定だが、開催中止が決まれば予約時に登録したメールアドレス宛てに運行取りやめを知らせる。

     県は12日朝、災害警戒本部を設置し、警戒に当たることにしている。【鹿糠亜裕美】


    台風接近に備えて

    ▽市町村の避難に関する情報に注意する

    ▽風で飛ばされそうなものは片付ける

    ▽農業施設・用水路の見回りや不要不急の外出はしない

    ▽崖や増水している河川・海岸に近付かない

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

    4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです