メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 計画運休・欠航相次ぐ 県庁では対策会議も /福島

台風19号の接近を前に、新幹線の運転計画を伝える張り紙=福島駅で

[PR]

テレビ中継で台風19号への備えについての説明を聞く県や市町村の担当者ら=福島県庁で

 大型で非常に強い台風19号は、13日未明から明け方にかけて県内に最も接近する見込みで、福島地方気象台は警戒を呼びかけている。一部の列車や飛行機の運休が決まるなど、影響が広がっている。

     同気象台によると、台風19号の接近に伴って、12日夜から13日にかけて1時間に60ミリの非常に激しい雨、局地的には猛烈な雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけている。13日正午までの24時間雨量は多いところで、中通り・浜通り300~400ミリ▽会津200~300ミリと予想される。

     県内の交通機関では12日、運休が相次ぐ。東北、山形新幹線は、12日午前11時以降運転本数を減らし、午後3時ごろまでに運休する。また、常磐線は特急「ひたち」「ときわ」の全列車が運休する。同線の普通列車はいわき—水戸間で午後1時ごろから、そのほかの在来線も始発駅を午後3時ごろに出る列車から運転を取りやめる。

     福島空港と大阪(伊丹)空港を結ぶ航空路線は12日午後に発着する一部の便で欠航が決まっている。

     県庁では11日、対策会議があった。県災害対策課が急きょ呼びかけた。県と、各市町村などの担当者らを回線でつないだテレビ会議で、情報共有や避難所の速やかな設置などを確認した。

     福島地方気象台から「県内では大雨特別警報が出た例はないが、このままの勢いで上陸すればその可能性もある。災害が起きないと思われている場所でも危険だ」と注意喚起があった。

     災害対策課は各市町村に対して、時期を逸することなく避難勧告などの情報を発令する▽高齢者や体の不自由な人などに、早めの避難準備を呼びかける――などの対策を講じるよう求めた。会議後、斎藤正一・同課主幹は取材に「最新情報を収集し、避難勧告が出されたら指定の避難所など安全な場所に避難してほしい」と呼びかけた。【渡部直樹、柿沼秀行】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

    3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

    5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです