メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 気象台、異例の説明会 最大限の注意呼び掛け /群馬

[PR]

 大型で非常に強い台風19号が東日本に上陸する恐れを受けて、前橋地方気象台は11日、報道陣や自治体関係者らを対象とした説明会を前橋市内で開いた。県内では12日に暴風警報が発令される見通しで、同日昼前から13日明け方にかけて大雨とそれに伴う土砂災害や洪水、暴風に警戒が必要として、県民に対し最大限の注意を呼び掛けた。【西銘研志郎】

     同気象台が県に接近する可能性のある台風を今回のような形で説明するのは異例で、事態の緊急度の高さを物語った。

     台風19号は12日の夕方~夜遅くにかけて非常に強い勢力で東日本に接近するおそれがあり、9月に千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風15号よりも大型で、より広い範囲で雨や暴風の影響を受ける可能性があるという。

     県内では、多いところでは12日昼からの24時間降水量が300~400ミリに達し「過去の災害雨量に匹敵する記録的な大雨」になる可能性があり、風速20メートルほどの強風が吹くことも見込まれるという。

     気象台は「台風19号は非常に強い勢力を保ったまま関東地方に上陸する恐れがある。最新の気象情報を活用し十分な備えをしてもらいたい」とし、雨戸を閉める、鉢植えなど屋外においてある物は室内へ入れるなど台風対策を呼びかけている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

    2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

    3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

    5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです