メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よみがえる田中正造

死の川に抗して/1 「悪魔」になった神通川=中村紀雄 /群馬

 田中正造(1841~1913年)に関心を抱き、研究を続けるうちに、イタイイタイ病で知られる富山県の神通川を訪れたくなった。イタイイタイ病の実態を知ることが正造の本質に近づく大きな一歩に違いないと予感したからである。「神が通る川」といわれた神通川沿岸にはかつて奇妙な病気が発生していた。骨がぼろぼろ折れ、体は小さくなり、病人はイタイイタイと泣き叫ぶ。かかるのは30過ぎの出産経験のある女性がほとんどなのだ。この病気が出るとその家には嫁の来手がないと言われた。やせて小さくなった人たちは世間の目から隠れるように奥の部屋や納屋に住んだ。まるでかつてのハンセン病ではないか。

 神通川上流に神岡鉱山があり、鉱山の経営は三井金属鉱業である。ここからカドミウムという物質が流出して…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです