メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

福住楼/下 心尽くすおもてなし 素材生かした会席料理 /東京

宿泊客に合わせて提供される夕食の会席料理=神奈川県箱根町塔之澤の福住楼で

 ◆福住楼 神奈川県箱根町塔之澤74

 仲居の桜木千晴さん(49)は「心に残るのは人との出会い」と言う。外国人や初めての宿泊客もいる。そこで心がけているのは客との対話だ。桜木さんは、ここで働いていた歴史好きの知人の紹介で4年前から仲居を務め、女将(おかみ)の澤村良子さん(71)の信望も厚い。

 仲居はお客さんにほぼつきっきりになる。「不必要な接客をしないこともおもてなしの一つ」としながらも、客への心遣いはきめ細かい。床の間に背を向けてすわる上座、テーブル、テレビ……。その配置も客がくつろげるように変える。

 「とりとめのないことも大事にしたい。部屋も一つの風景として楽しんでほしい」。食事は会席で、温かいも…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです