メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/77 いま、「大嘗祭」を考える 憲法や差別問題と関係 /京都

 天皇の代替わりに伴う大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式(11月14、15日)で用いる米を収穫する斎田(さいでん)(主基(すき)田)として南丹市八木町の水田が選定されたことは既に報道された通りです。報道によれば、この水田所有者も府知事も「名誉なこと」として受けとめています。が、筆者は、大嘗祭がもつ憲法上の問題や差別問題との関連などを考えた場合、はたして手放しで喜ぶべき事態かどうか、大いに疑問に思います。

 京都では、「天皇代替わりに伴う違憲行為を監視する有志の会」が結成され、この7月下旬には、西脇隆俊知…

この記事は有料記事です。

残り2292文字(全文2546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  3. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  4. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです