特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

観音寺市ヘイト“NO” 県内唯一、条例制定 時代読み、職員ら条文追加 /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
観音寺市総合運動公園内の広場。2017年6月の条例改正で市はヘイトスピーチを禁じ、違反者には過料を科すこともできる=香川県観音寺市池之尻町で、金志尚撮影
観音寺市総合運動公園内の広場。2017年6月の条例改正で市はヘイトスピーチを禁じ、違反者には過料を科すこともできる=香川県観音寺市池之尻町で、金志尚撮影

 特定の民族や人種、ルーツを持つ者への憎悪をあおるヘイトスピーチ。全国的には独自に条例を定めて規制に乗り出す自治体もあるが、表立ったヘイト事案の少ない県内では現状、こうした動きは乏しい。そんな中、既に条例を設けた自治体が一つだけある。観音寺市だ。外国人が集住しているわけでもない観音寺でなぜ――。制定の背景には、時代の流れを柔軟に読み取る職員の姿勢があった。【金志尚】

 観音寺市のヘイトに関する条例は具体的には二つある。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1097文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集