メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

平和賞にエチオピア首相 アフリカの角、安定化 若き指導者、改革断行 エリトリアとの20年紛争終結

 今年のノーベル平和賞は、エリトリアとの国境紛争を20年ぶりに終結させ、外交関係の正常化に導いたエチオピアのアビー首相(43)の受賞が決まった。アフリカ諸国で最年少の首脳ながら、内政・外交の両面で大胆な改革を次々と断行。エリトリアとの関係修復は周辺国にも影響を与え、地域一帯が安定化に向かって動き出している。【ヨハネスブルク小泉大士】

 人口約1億人を抱えるアフリカ東部の地域大国エチオピアは天然資源に乏しいが、繊維・縫製産業の製造拠点として躍進。過去15年は年10%前後の急速な経済成長を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り2406文字(全文2656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです