メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

統一野党なら勝てる 国民民主・小沢一郎氏(77)

小沢一郎氏=吉田航太撮影

 ――1999年10月5日の自自公連立政権発足時、旧自由党党首でした。当時の経緯は。

 ◆自自公に先行して、99年1月に我々と自民だけの「自自連立政権」ができたが、当初から公明が加わることを想定していたわけではない。当時参院は与党が過半数割れで、衆参でねじれが起きていた。公明が連立に加わることで参院の過半数を確保できる。国会運営上の必要性からやったことだ。一方の公明は、ずっと自民と連立したがっていた。しかし、当時支持母体の創価学会が慎重で、自分たちが我々より先に自民とくっつくのは駄目だとの判断をしていたと思う。だから、先に「自自」でくっつくことを喜んだし、推進していた感じだった。我々を「毒消し」みたいにして、(連立に)入ってきた。

 ――公明党と連立を組むメリットはどう考えますか。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです