メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

統一野党なら勝てる 国民民主・小沢一郎氏(77)

小沢一郎氏=吉田航太撮影

 ――1999年10月5日の自自公連立政権発足時、旧自由党党首でした。当時の経緯は。

 ◆自自公に先行して、99年1月に我々と自民だけの「自自連立政権」ができたが、当初から公明が加わることを想定していたわけではない。当時参院は与党が過半数割れで、衆参でねじれが起きていた。公明が連立に加わることで参院の過半数を確保できる。国会運営上の必要性からやったことだ。一方の公明は、ずっと自民と連立したがっていた。しかし、当時支持母体の創価学会が慎重で、自分たちが我々より先に自民とくっつくのは駄目だとの判断をしていたと思う。だから、先に「自自」でくっつくことを喜んだし、推進していた感じだった。我々を「毒消し」みたいにして、(連立に)入ってきた。

 ――公明党と連立を組むメリットはどう考えますか。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです