メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

森林大国の担い手=編集委員・元村有希子

 千葉県で起きた停電被害の一因は倒木だった。同県在住のジャーナリスト、上垣(うえがき)喜寛さん(36)は倒木処理のその先が気がかりだ。「二度と起きないよう皆伐(全面伐採)してしまえ、という流れができてしまうのでは」

 林業の衰退と山林の荒廃が叫ばれている。国は「稼げる林業」を掲げ、業者による効率的な伐採を奨励している。その結果、あちこちに丸裸の山が出現した。一方で、人手不足やシカの食害などから再生は進まない。「はげ山」は災害が起きやすく、放置するほど再生が難しくなる。そんなまがまがしい現実が、地方では進んでいる。

 上垣さんが林業に関心を持ったきっかけは、祖父母の古里・和歌山県の山だ。東京ドーム3個分、約15ヘク…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです