メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 時代と共に変わる意義

【1】キング牧師

 1901年の創設から今年で118年がたつノーベル平和賞。第二次世界大戦の間など受賞がなかった年も19回あるが、昨年までに99回にわたって、計106人と延べ27団体が「平和のチャンピオン」として表彰されてきた。授賞の対象は時代と共に変遷してきた。複雑な国際情勢の中で、この賞による「平和」の意義付けが論争を呼んだ事例も少なからずある。平和賞の歴史を改めて振り返る。【前谷宏】

 「国家間の友愛、常備軍の廃絶あるいは縮小、平和会議の設立や推進のために最も貢献した人物」。ダイナマ…

この記事は有料記事です。

残り3226文字(全文3463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです