メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 時代と共に変わる意義

【1】キング牧師

 1901年の創設から今年で118年がたつノーベル平和賞。第二次世界大戦の間など受賞がなかった年も19回あるが、昨年までに99回にわたって、計106人と延べ27団体が「平和のチャンピオン」として表彰されてきた。授賞の対象は時代と共に変遷してきた。複雑な国際情勢の中で、この賞による「平和」の意義付けが論争を呼んだ事例も少なからずある。平和賞の歴史を改めて振り返る。【前谷宏】

 「国家間の友愛、常備軍の廃絶あるいは縮小、平和会議の設立や推進のために最も貢献した人物」。ダイナマ…

この記事は有料記事です。

残り3226文字(全文3463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです