メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 時代と共に変わる意義 平和広報の役割 東海大・羽生浩一教授

 ノーベル平和賞に詳しい東海大の羽生(はにゅう)浩一教授(北欧研究、メディア論)にこの賞の意義を聞いた。【聞き手・前谷宏】

    ◇

 平和賞は元々、平和運動や紛争の調停などに当たってきた個人や団体に与える褒賞という意味合いが大きかった。だが、平和賞の地位や名声が確固となる中、ノーベル賞委員会の委員が自らの信念に基づいて、あえて政治的中立性を破るような授賞を決める事例も出てきた。

 代表的なのがベトナム戦争の当事者だったキッシンジャー米国務長官らへの授賞(1973年)だ。多くの批…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです