メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞 アビー氏、国内基盤弱く エチオピア改革正念場

首相就任後間もない時期に開かれたアビー首相支持者の集会=アディスアベバで2018年6月23日、AP

 今年のノーベル平和賞受賞が決まったエチオピアのアビー首相は、国際社会から高い評価を受けるが、国内の政権基盤は盤石とは言えない。次々と実行してきた急進的とも言える一連の改革は、反発を招いた。アビー氏を狙った暗殺未遂事件も起きており、多くの識者は「今後、改革は正念場を迎える」と指摘する。【ヨハネスブルク小泉大士】

 「すべてのエチオピア人にとっての勝利だ」。受賞決定を受け、エチオピアの首相府はツイッターにこう誇ら…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです