メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞 ハントケさん授賞を非難 セルビア人による虐殺、過去に否定 イスラム教徒ら

 今年のノーベル文学賞にオーストリア人作家のペーター・ハントケさん(76)を選んだスウェーデン・アカデミーに対し、旧ユーゴスラビアのイスラム教徒らから強い非難の声が上がっている。ハントケさんが1990年代に旧ユーゴで起こった紛争で一貫してセルビアを支持し、セルビア人によるイスラム教徒の虐殺を否定した過去があるからだ。

 かつてセルビアの自治州で、イスラム教徒のアルバニア系が9割を占めるコソボのチタク駐米大使は「世界に…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです