メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ軍、複数の町制圧 シリア北部、クルド民兵排除狙い

トルコの軍事作戦開始後、煙が上がるシリア北部テルアビヤドの市街地=トルコ南部アクチャカレで10日、ロイター

 トルコによるシリア北部への地上作戦で、トルコ軍は11日までに、北部テルアビヤドやラス・アルアイン周辺への攻撃を続け、複数の町を制圧した。ロイター通信などが伝えた。トルコの狙いは、シリア北部で勢力圏を確立するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)を排除し、この地域にいわば「緩衝地帯」を設けることだが、作戦の進展次第では事実上の「トルコによる実効支配」が進む可能性もある。

 9日に作戦を開始したトルコ軍は、「テロ組織」とみなすクルド人勢力の武器庫や軍事基地などへの攻撃を続行。トルコ国防省は、クルド側戦闘員228人を殺害したと述べた。戦闘に巻き込まれた民間人数十人も死亡した模様で、SDFは生後9カ月の乳児も犠牲になったとしている。6万人以上が避難を開始しており、人道危機も深刻化している。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです