メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

魚料理教室で調理を楽しむ親子=大阪市で、加藤美穂子撮影

 「皆の好きな魚は何ですか?」。今年7月、マルハニチロが大阪市で開いた親子料理教室。講師の問いかけに「サケ!」「マグロ!」と元気な声が返ってきた。小学生とその保護者計42人が参加。クイズなどで魚の知識を学びながら、白身魚のフライやちくわを使った料理を楽しんだ。

 マルハニチロは2014年から全国各地で料理教室を開催。魚離れに歯止めをかける狙いからだ。すでに魚介類の消費量は肉に逆転されている。骨を取るのが面倒などの理由で特に子供の魚離れが進んでおり、教室ではマグロの解体を実演するなど少しでも関心を持ってもらおうと工夫を凝らす。担当者の山口俊彦(52)は「子供のころに食べておいしいと思った魚を大人になっても食べてほしい」と思いを語る。

 魚料理の中でも子供に人気が高いすし。週末の回転ずし店は大勢の家族連れでにぎわうが、最近、各店のメニ…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです