メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/7 家庭生活は戦いだった 結婚脱出の夢=日本近代文学研究者・持田叙子

 結婚には、人それぞれ向き不向きがある。今はもちろん自分で選べる。しかし森鷗外が男ざかりを生きた明治・大正時代はちがう。社会的地位のある男性が結婚しないのは異様なことだった。

 時代のプレッシャーに押されて鷗外は二度、結婚にいどんだ。しかし初回の離婚をふくめ、どうも結婚生活になじめてはいない。とくに妻の感情生活と対決し、疲れきった。<妻のトリセツ>を知らなかった。それだけ真摯(しんし)で誠実だったともいえる。

 子ぼんのうだった。日記には冬になるとほぼ毎日、子どもの風邪を心配する記述がつらなる。子らを膝に抱き…

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです