メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 異業種コラボ 雑誌不況脱出へ強化

キッピスのコラボ商品を手にする宝島社マルチメディア局開発チーム編集長の根本江利子さん=東京都千代田区で、山口敦雄撮影

 雑誌不況が深刻さを増すなか、編集者のアイデアを生かして、企業と商品開発などを行う異業種コラボレーションを強化する出版社が増えている。宝島社(東京都千代田区)と小学館(同)の取り組みを取材した。

 宝島社の自社の北欧デザインのライフスタイルブランド「kippis」(キッピス)は、今月初めに大手コーヒー店ドトールとのコラボレーションを開始した。まずドトールが運営する「カフェ レクセル」で、キッピスの北欧デザインのドリップコーヒーの販売を開始。12月から「カフェ レクセル」の店内装飾や北欧メニューなど店舗プロデュースを行う予定だ。

 宝島社でキッピスを担当するマルチメディア局開発チーム編集長の根本江利子さんは、「キッピスの柄でお客さまの気持ちをリラックスさせたい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです