メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易協定 与党、異論なくスピード了承 野党との違い鮮明に

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党総務会は11日、日米貿易協定を了承した。公明党は10日に了承しており、協定が米ワシントンで7日(日本時間8日)にトランプ米大統領が立ち会って正式署名されてからわずか3日後に与党がスピード了承した。「問題点が多い協定」と批判する野党との違いが際立っている。

 協定は日本が米国産の牛肉や豚肉、乳製品などの関税を下げ、米国が日本の自動車分野以外の幅広い工業品の関税を撤廃する内容。「トラ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです