メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、トルコに独自経済制裁「警告」 財務長官「発動しないこと願う」

米国のトランプ大統領=ロイター

 シリア北部でクルド人勢力を攻撃するトルコに対しムニューシン米財務長官は11日、トランプ大統領が独自経済制裁を承認する大統領令に署名すると発表した。ムニューシン氏はホワイトハウスでの記者会見で「現時点で制裁を発動はしない」と強調。トルコに攻撃自制を促すことが目的だが、制裁が歯止めとなるかは不透明だ。

 トルコは北大西洋条約機構(NATO)に加盟する同盟国だが、トランプ政権は2018年8月、米国人牧師の拘束を理由としてトルコの現職閣僚2人を米国内資産を凍結する制裁対象に指定した。ムニューシン氏は今回の制裁について「トルコ政府の全関係者が標的になり得る」と説明。「発動しないで済むことを願うが、必要であればトルコ経済を停止に追い込むことは可能だ…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです