メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中通商協議「第1段階合意」 対中関税引き上げ見送り

 トランプ米大統領は11日、米中通商協議のため訪米中の中国の劉鶴副首相とホワイトハウスで会談し、「我々は非常に重要な第1段階の合意に達した」と述べ、通商協議で部分合意したと表明した。中国側が米農産物の購入拡大や通貨政策の透明性向上を約束する一方、米側は15日に予定していた年間輸入総額2500億ドル(約27兆円)相当の中国製品に対する関税率引き上げを見送る。米中貿易戦争がさらに深刻化する事態はひとまず回避された。

 トランプ氏の説明によると、今回の合意は、中国が400億~500億ドル相当の米農産物の購入を約束する…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです