メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍、サウジに1800人増派 地対空ミサイルなど追加配備

 エスパー米国防長官は11日、イランの脅威拡大に対応するためとしてサウジアラビアに展開する米軍部隊を3000人増派すると発表した。二つの戦闘機部隊のほか地対空ミサイル「パトリオット」2基、「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」1基も追加配備する。増派には既に駐留する兵士の任期延長も含まれており、米C…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです