メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「私たちの行動で変化は必ず訪れる」グレタさん 米国の学校ストライキ・デモ参加

 ノーベル平和賞の受賞者が発表された11日、候補者の一人だったスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が米西部コロラド州デンバーで、授業を休んで気候変動対策の強化を求める「学校ストライキ」に参加した。史上最年少の受賞はならなかったが、政治家らに行動を迫る運動の継続を力強く呼びかけた。

 デンバー中心部の公園であったデモには高校生ら約2000人が集まった。「母なる地球が(温暖化で)熱くなっている」「未来のために戦おう」などと書いたボードを掲げ「今こそ行動を」と誓い合った。小さい子供を連れた家族も目立った。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです