メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因縁の対立再び アフガン大統領とNo2 内戦終結に影響も 大統領選

ガニ大統領の巨大ポスターの前で警備する兵士=カブールで2019年9月27日、松井聡撮影

 大統領選(9月28日投票)の開票作業がアフガニスタン全土で進められている。2014年の前回選と同様、ガニ大統領と政権ナンバー2のアブドラ行政長官の一騎打ちの構図だが、すでに両陣営がともに優勢を主張。19日に公表される見通しの暫定開票結果をめぐり、両者の対立が深刻化する懸念が出ている。対立が長引けば、旧支配勢力タリバンとの和平による内戦終結への道筋にも悪影響を及ぼしかねない。【ニューデリー松井聡】

この記事は有料記事です。

残り2639文字(全文2839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです