メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名城大「ノーベル賞3人目」から読み解く地方私大の生き残り戦略

記者会見後、吉野彰さんのパネルを囲んでガッツポーズする小原章裕学長(後列左から2人目)と教え子の学生ら=名古屋市天白区の名城大で9日午後7時46分、川瀬慎一朗撮影

 2019年のノーベル化学賞に選ばれた旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が教授を務める名城大(名古屋市天白区)が勢いに乗っている。14年に赤崎勇終身教授・特別栄誉教授と天野浩特別栄誉教授(元理工学部教授)がノーベル物理学賞に輝いたのに続く3人目の快挙で、広報担当も「受賞を機に大学の知名度を上げたい」と鼻息は荒い。東海圏以外ではあまり知られていない名城大。トップ級の人材確保には、生き残りをかけた地方の私大の戦略がある。【川瀬慎一朗/中部報道センター、山下貴史/統合デジタル取材センター】

 吉野氏は大阪府吹田市出身で、京都大工学部卒。京大大学院修士課程を修了後に旭化成(本社・東京都)に入…

この記事は有料記事です。

残り2268文字(全文2562文字)

山下貴史

1980年生まれ。2003年入社。神戸を振り出しに、鳥取、和歌山を回り、大阪社会部を経て統合デジタル取材センター記者。地方政治・行政の取材が多かったですが、何でもやります。好物は、古今亭志ん朝の「文七元結」

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです