メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

問い合わせ客が列 店は「臨時休業」 計画運休で東京駅混乱

漏れた水を掃除するJRの職員ら=JR東京駅で2019年10月12日午前9時28分、井川諒太郎撮影

[PR]

 3連休の初日、台風19号が列島を直撃した。首都圏の鉄道各社は相次いで計画運休を実施。東京駅では運行状況を問い合わせる客らが列を作る一方、営業を取りやめる店舗もあった。

 台風の影響で東京―名古屋間の東海道新幹線は朝から終日運休し、東北新幹線なども午前11時過ぎから本数を減らした。

 構内は普段よりも人通りが少なく、「臨時休業」と書かれた張り紙をする土産店も。開いている店舗も午前中までの営業に変更していた。

 雨は早朝から強くなる一方で、丸の内中央口改札前では天井から雨水が染み出していた。モップやスポンジで職員が対応に追われていた。

 構内ではキャリーバッグを引き、午前の便で急いで観光地に向かう人も少なくない。新幹線の改札前では、駅員に電車の運行時間などについて問い合わせをする客が列をなし、待合室は新幹線を待つ観光客らで埋まっていた。

 横浜市都筑区から来た会社員、高橋紀昭さん(51)は「妻と2人で函館に行く予定。自宅が心配だが、半年前から予約していたので行くことにした」と話した。

 山形県米沢市の会社役員の男性(65)は台風のため帰宅を早めたという。「山梨県などに2泊していた。妻が11日に来て、あと2日はいるつもりだったのに」と話した。【井川諒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです