満潮で海に排出できず 静岡市駿河区の冠水

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高波が打ち付ける海岸線の道路=静岡市駿河区で2019年10月12日午前9時54分、竹内紀臣撮影 拡大
高波が打ち付ける海岸線の道路=静岡市駿河区で2019年10月12日午前9時54分、竹内紀臣撮影

 駿河湾沿いの静岡市駿河区西島では12日早朝、海に近い住宅街や道路が冠水し、住宅が床上浸水する被害が出た。満潮時刻は午前5時前で、海に排出できなかった雨水があふれたとみられる。

 午前5時ごろには人の腰の高さまであった水位は約5時間後に膝下まで下がったが、午後5時ごろに再び満潮を迎えた。多くの住民が避難し、男性(42)は「1階の床まで水が来た。西島に住んで13年だが、ここまで浸水したのは初めて」と驚いた様子。自宅で片付けをしていた女性(41)は「自宅敷地内の高いところに車を移動させておいたが、そこも水につかった。想定以上です」と不安そうに話した。【大谷和佳子】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集