メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模川の城山ダム 緊急放流終了 水位高い状態続く 県が注意呼びかけ

[PR]

 台風19号による大雨に伴う相模川の城山ダム(相模原市緑区、総貯水容量約6230万立方メートル)の緊急放流は13日午前1時15分に終了した。神奈川県が発表した。県は「激しい降雨のため、ダムに水をためられる限界量を超える恐れが強くなった」として12日午後9時半から緊急放流を実施。ダムに流入する水量が減少したことを受け、終了した。

 城山ダムの緊急放流は初めて。流入量とほぼ同量を下流に流す「異常洪水時防災操作」を実施していた。ただ、緊急放流の終了後も、ダムに流入する量の減少に合わせながら放流を進めるため、水位が高い状態が続く見通しで、県は流域の住民らに引き続き注意するよう呼びかけている。【木下翔太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです