メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分県防災アプリをラグビーW杯観客にPR 15言語対応 

おおいた防災アプリのダウンロードを呼び掛けるシール=大分市で2019年10月11日午前10時53分、田畠広景撮影

 ラグビー・ワールドカップ日本大会で準々決勝など5試合が開催される大分県は、国内外から訪れる観戦客に、スマートフォンで災害時の気象情報などを多言語で確認できる「おおいた防災アプリ」を使ってもらおうと、県内の郵便ポストにアプリをダウンロードできるQRコード記載のシールを貼ってPRしている。

 アプリは、英語やフランス語など計15言…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです