メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界へ挑んだ先駆者 クローザー担うSH田中 ラグビーW杯13日夜スコットランド戦

ラグビーW杯日本大会で、突進するアイルランド選手にタックルして食らいつく田中史朗(中央下)=静岡スタジアムで2019年9月28日、竹内紀臣撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグで3連勝し、初の8強入りに王手をかけた日本の「クローザー」を担うのが、3大会連続出場の田中史朗(34)=キヤノン=だ。スクラムハーフ(SH)として後半から途中出場し、視野の広さとテンポの良いパスで好機を生み出し、巧みに時間を使って試合を締める。13日のスコットランドとの最終戦(午後7時45分、横浜・日産スタジアム)に向け、「3勝は忘れて全力で戦う」と意欲を燃やしている。

 身長166センチの小さな体が、グラウンドでは大きく映る。優勝候補を相手に劇的な逆転トライへつなげた…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです