メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋野、25位発進!!お菓子で充電 最終ガッツパーでアンダーフィニッシュ(スポニチ)

[PR]

女子ゴルフツアー スタンレーレディース 第1日(2019年10月11日 静岡県 東名CC=6572ヤード、パー72 )

  全英女子オープン覇者の渋野日向子(20=RSK山陽放送)は3バーディー、2ボギーの71で首位と6打差の25位発進となった。65で回った黄(ファン)アルム(31=韓国)が7アンダーで単独首位。なお台風19号の影響で12日に予定されていた第2日の中止が決定し、47位タイまでの61人が予選を通過。あす13日の最終日については、競技が行われた場合はギャラリーを入れず、ツアー史上初の“無観客試合”となる。

 1アンダーで迎えた最終18番。渋野は残り33ヤードのアプローチを「私の足(26・5センチ)よりちょっと大きいくらい」と30センチに寄せた。パーをセーブして、ホッとした表情。1アンダーの71で25位発進となり、「長い一日でした。最後に“ガッツパー”で上がれて、アンダーだったので良かった」と振り返った。

 台風19号が会場の静岡に接近中。この日、最も影響を受けると予想される第2日の中止が発表された。試合のない一日の過ごし方を問われた20歳は「(ゲームの)“どうぶつの森”をして、お菓子をいっぱい食べようかな」とおどけた。

 現在の賞金ランクは2位。首位の申(シン)ジエとは約860万円の差がある。今大会は申ジエ、同3位のイ・ミニョンがそろって欠場。少しでも賞金を上積みしておきたいところだが、第2日の中止により賞金加算額は75%に。さらに競技成立に必要な27ホールを実施できるかも未知数となっている。「最終日もどうなるか分からないけど、やるとなったら今以上にいい位置で終えられるように頑張りたい」。コンディションを整え、最終日に備える。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです