メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本田率いるカンボジア歴史的大敗 0−14も“強気”のツイッター「実は近道」(スポニチ)

[PR]

W杯アジア2次予選 C組 カンボジア0−14イラン(2019年10月10日)

 W杯アジア2次予選が10日に各地で行われ、日本と同じF組のキルギスはホームでミャンマーに7—0と大勝。勝ち点を3としたキルギスは来月14日に日本と対戦する。C組で元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアは敵地でイランに0—14と大敗。この試合ではイランで40年ぶりに女性の観戦が認められた。

 カンボジアは、FIFAランク23位でアジア最上位のイランに大敗した。相手エースのFWアズムン(ゼニト)に3点を奪われるなど大量失点。後半開始直後に得たPKは相手GKに阻まれた。パスをつなぐ攻撃的なサッカーを目指している本田は一夜明けた11日にツイッターを更新。「ごまかしたような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです。強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」と苦い黒星を糧にすることを誓った。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです