メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芋ようかんの旬、今年も到来 紅あずまの新芋使い 口コミで人気、製造数増 伊勢・播田屋本店 /三重

 芋ようかんの陽(ひ)だまり色が伊勢路の錦秋に彩りを添える。1860(万延元)年創業の伊勢市河崎の老舗、播田(はりた)屋本店では「紅あずま」の新芋による「芋ようかん」づくりが始まった。

 夏の日差しを凝縮したような黄金色のひと切れは、蒸したサツマイモそのままの甘みと食感。奇をてらわず、大げさでなく、けれんのない素朴さが地元で日常のおやつとして愛される。通年販売の商品だが、新芋が出回り始めのこの時期、地元は「旬のもの」として珍重する。

 同店の作業場に積み上げられた宮崎県串間市産の紅あずまは、商品の品質を保つため、大量に仕入れず、専門…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです