メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業、残業抑制が重荷に 業績面で下押し懸念 /三重

 県内の中小企業の多くが、働き方改革で時間外労働(残業時間)を短縮した場合、売上高や生産性など業績面で下押し要因になるとみていることが、三十三フィナンシャルグループのシンクタンク「三十三総研」(四日市市)の調査で浮かび上がった。人手不足に苦しむ中小企業にとって残業の抑制が重荷になっている実態を反映した形だ。

 働き方改革関連法で来年4月以降、中小企業に残業時間の上限規制が導入されるのを受け、取り組み状況や経…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです