メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 県内も風雨被害 串本で漁港設備が破損 /和歌山

[PR]

 台風19号が和歌山に接近した12日、県内各地で風雨が強まった。沿岸部の工場では高波によって窓ガラスなどが破損。鉄道の運休も相次いだ。串本町古座の170世帯288人に避難勧告が出されたほか、県内17市町で避難準備・高齢者等準備開始が発令された。午後6時現在、県内でけが人は確認されていない。

 和歌山地方気象台によると、最大瞬間風速は串本町の潮岬で29・3メートル▽日高川町で27・8メートル▽和歌山市で24・6メートル――などを観測。降り始めからの総雨量は12日午後5時までで、那智勝浦町で257・5ミリ、高野町で180・5ミリとなった。

被害

 串本町と太地町の沿岸部では、それぞれ水産加工場が1棟ずつ、高波によってシャッターや窓ガラスが壊された。また、串本町古座の動鳴気(どめき)漁港では、沖合の堤防ブロックが高波の勢いで約70メートルにわたって破損した。

 また、新宮市熊野川町西の県道では斜面が約20メートルにわたって崩れ、土砂が道路を覆ったため通行止めとなった。高波で通行止めとなっていた串本町姫の国道42号では、幅約5メートル・長さ約15メートルにわたり陥没が見つかった。

 関西電力によると、県内各地で停電が発生。12日午後5時現在で、田辺市、新宮市、那智勝浦町で約2400軒が停電した。風雨による倒木で架線が切れるなどしたことが原因という。

交通機関

 JR西日本は紀勢線の特急「くろしお」を終日運休。同線や和歌山線などの普通電車も運転を見合わせた。南海電鉄の極楽橋―高野山間のケーブルカーも倒木が原因で一時運休した。【最上聡】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. オリックス開幕投手山岡 お待たせ今季初白星 6度目先発「これから全部勝つ」

  4. 「朝鮮かかってこい」 兵庫県サッカー協会事務局長が酒に酔い発言 7月に辞任

  5. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです