メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点@とっとり

学校以外の“居場所”フリースクール 自由に通える環境を 公的支援なく利用者に負担 /鳥取

「学校もフリースクールも学ぶ場なのに」と訴える親子=鳥取市で、阿部絢美撮影

 さまざまな理由で不登校やひきこもりになった児童らを受け入れる「フリースクール」。学校以外の“居場所”としてニーズが高まる一方で利用者への公的支援はほぼなく、経済負担が大きい。県内でも1000人弱いるとみられる不登校。関係者は「どんな子にも通える環境を整えてほしい」と呼び掛けている。【阿部絢美】

 不登校対策の基本理念を定めた教育機会確保法が2017年に施行されたが、フリースクールの公的支援については「国や自治体に環境整備を求める」との表現にとどめ、具体策は自治体に任せられている。文部科学省の15年の調査では、スクールの平均授業料は月額3万3000円。児童生徒課は「(公的な)教育支援センター(適応指導教室)もあるので民間への積極的な支援は難しい」という。

 県はフリースクール連携推進事業を14年度から設け、認証を受けた運営団体・個人に対して人件費や活動費などの補助をしている。現在4団体が認証を得ている。一方で、利用者に対する支援は設けられていない。

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです