メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

立正大学淞南 「野人」岡野ら輩出のサッカー強豪校 /島根

 1961(昭和36)年に淞南高校として創立された私立校。日本の文化や伝統が廃れていく風潮の中、日本の屋台骨を支える若者を育てようと、初代理事長・岡崎功が松江市大庭町の神魂(かもす)神社の土地を借りて校舎を建設した。当初は普通科をはじめ商業科、家政科など6科が設けられたが、順次廃止され現在は普通科のみが残る。

 岡崎が日本大学と親しかったことから70(昭和45)年に準付属校となり、松江日本大学高校と改称。92…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです