メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/86 落語もできる笑いヨガ講師 大野沙耶花さん

大野沙耶花さん=高知市で、松原由佳撮影

人々を笑顔と元気に 大野沙耶花(おおの・さやか)さん(29)

 「花の家(や)こなつ」を名乗り、「落語もできる笑いヨガ講師」として高知県内を中心に活動する。笑いヨガとは、笑いのエクササイズとヨガの呼吸法を組み合わせた健康法。活動の根底に流れるのは「笑いの力で人を元気にする」という思いだ。

 落語との出会いは、関西大学に入学後、アルバイト先に選んだ喫茶店が、同大学の落語研究会「落語大学」の行きつけだったことから。喫茶店で同年代が落語を披露する姿を見て「一人で20分間もしゃべるなんてかっこいい」と衝撃を覚えた。そこに、高校の同窓会でお礼の言葉を述べる際、自分の気持ちを周囲にうまく伝えられなかった経験が重なり、「人前で話す度胸をつけたい」との思いが強くなった。2年生だった2010年に、「落語大学」の門をたたいた。

 忘れられない言葉がある。初めて人前で落語を披露した時、帰り道に高齢女性から「こんなに笑ったのは久々で元気になったよ」と声を掛けられた。「自分のため」だった落語が、「人を元気にするため」になった瞬間だった。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです