メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

攻撃批判にトルコ大統領「シリア難民360万人送る」 「防波堤」として利用、EU弱み

 トルコによる地上作戦を巡り、欧州連合(EU)とトルコの応酬が続いている。トルコのエルドアン大統領は批判を受けて、自国が受け入れる360万人のシリア難民を欧州に送り込むと警告。欧州側は「脅迫」だと反発し、フランスは17日から始まるEU首脳会議で対トルコ制裁を議題に上げる方針を示した。

 「難民を武器のようにみなして我々への脅迫に使うことは決して受け入れない」。EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は11日、ツイッターでトルコ側の対応を非難した。EUは2016年3月、支援金を払う見返りに中東からの難民をトルコに留め置く合意を結び、トルコ経由で欧州に入る…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです