メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港「国産」催涙弾 英国製撃ち尽くし中国製導入

シャッターの下りた地下鉄駅の出入り口の奥から発射される催涙弾=香港・中環で1日午後

 香港警察が政府への抗議デモに対して使用する催涙弾を英国製から中国製に一部切り替えた模様だ。大量発射で英国製の在庫が底を突きつつあるためだという。11日付香港紙「東方日報」が報じた。6月9日にデモが本格化して以降、香港警察は既に約5200発を使用。国際社会から非難が相次ぎ、輸入が難しくなっているようだ。

 香港警察は主に旧宗主国の英国から催涙弾を輸入してきた。AFP通信などによると英国は輸出について許可…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです