メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組6回戦 菅井、大乱戦制す 斎藤も巧妙な攻めで快勝

斎藤慎太郎七段

 <第78期順位戦B級1組 菅井竜也七段VS畠山鎮八段、斎藤慎太郎七段VS山崎隆之八段>

 渡辺明王将が3冠になる一方で、豊島将之名人が立て続けにタイトルを奪われる。46歳で初タイトルになる木村一基王位が誕生し、永瀬拓矢叡王が王座を奪って2冠に。

 昨年の棋聖戦(羽生善治棋聖―豊島挑戦者)から数えて、直近11タイトル戦の結果を見ると、奪取10に対し防衛はわずか1回しかない。とにかく将棋界のタイトル保持者は目まぐるしく変わる。この流れはいつまで続くのだろうか。

 今回は3日に行われたB級1組6回戦から、タイトルを奪われた棋士の奮闘を紹介しよう。

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです