メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

思春期に伝えたい性の知識

高校で性教育の講演をする今井伸医師(聖隷浜松病院提供)

 成長に伴う体の変化や妊娠の仕組み、マスターベーションの方法――。「性」に関する誤った知識や不確かな情報に基づく行動は、将来の不妊や大きなトラブルにつながる可能性がある。そんな中、思春期の男子を主な対象に、「射精道」を伝える性教育がある。

 ●性交渉せず「不妊」

 「子どもができないんです」。聖隷浜松病院(浜松市)の今井伸リプロダクションセンター長(48)=泌尿器科=が勃起不全など性機能障害の治療を始めた20年前、若い夫婦が受診してきた。よく話を聞くと、夫婦は性交渉を一度もしていなかった。夫は手でマスターベーションをしたことがなく、精液を採取する検査もできなかった。

 性交渉はできても射精に至らないケースもある。誤ったマスターベーションの習慣も一因で、その一つが、う…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです