メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1953年。大阪で働くことになった喜美子(戸田恵梨香)の勤め先は荒木さだ(羽野晶紀)という女性下着のデザイナーが営む下宿屋、荒木荘。到着早々、失態を犯し、元お手伝いの大久保のぶ子(三林京子)からクビを言い渡される。住人たちの前で嘆願、のぶ子の下で見習として働くことで許される。

 荒木荘の住人は個性豊か。新聞記者の庵堂…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです