メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

桜の羅針盤 決勝Tへ組織で守る キック処理もポイント きょう1次L最終戦

ロシア戦の前半、タックルを受けながらもパスを出す中村=宮武祐希撮影

 ラグビー日本代表は13日、1次リーグA組の最終戦となるスコットランド戦を迎える。12日は大雨の中、東京都内で軽めの調整をして大一番に備えた。

 世界ランキングは日本の8位に対し、スコットランドは9位だが、過去の対戦成績は日本の1勝10敗と分が悪い。前回2015年W杯では10―45で唯一の黒星を喫した。初の決勝トーナメント進出に向け、築き上げた組織的な防御で失点を最小限に抑えられるかが鍵になる。

 開幕からロシア、アイルランド、サモアに3連勝した日本は、3試合で許したトライはわずかに四つ。体格と…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです