メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

サモア、スコットランド 親戚「競演」特別な夜

肩を組んで笑顔を見せるサモアのカウリー(左)とスコットランドのメートランド=カウリーのインスタグラムより

 国籍を代表資格の条件としないラグビーの特性もあり、世界最高峰の舞台で「親戚」対決が実現した。

 9月30日にノエビアスタジアム神戸で行われた1次リーグA組のスコットランド―サモア戦。「家族にとってスペシャルな試合になる」。試合前、スコットランドのWTBショーン・メートランド(31)は闘志を燃やした。サモアのSHペレ・カウリー(26)と親戚関係にあったからだ。

 2人はともにニュージーランド北部のトコロア出身。メートランドは「母方の祖父はサモアで生まれ、1960年代にニュージーランドに移住した」と説明。幼い頃は自宅の裏庭で、カウリーと共に楕円(だえん)球を追いながら過ごしたと懐かしそうに振り返る。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです