メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

サモア、スコットランド 親戚「競演」特別な夜

肩を組んで笑顔を見せるサモアのカウリー(左)とスコットランドのメートランド=カウリーのインスタグラムより

 国籍を代表資格の条件としないラグビーの特性もあり、世界最高峰の舞台で「親戚」対決が実現した。

 9月30日にノエビアスタジアム神戸で行われた1次リーグA組のスコットランド―サモア戦。「家族にとってスペシャルな試合になる」。試合前、スコットランドのWTBショーン・メートランド(31)は闘志を燃やした。サモアのSHペレ・カウリー(26)と親戚関係にあったからだ。

 2人はともにニュージーランド北部のトコロア出身。メートランドは「母方の祖父はサモアで生まれ、196…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです